さあ、日帰り登山を始めよう!靴、リュック、登山用品など山登りの装備を一挙紹介!初心者から上級者まで!

HUT(ハット)

登山には帽子が必須アイテム
HUT(ハット)商品イメージ

熱射病対策と日焼け予防に帽子は必須!顎紐つきやキャップキーパーがあると突風に吹かれても安心。

ZACK(ザック)

荷物の量で大きさを調節しましょう
ZACK(ザック)商品イメージ

日常使いもできる20~30Lがオススメ。自分の体にフィットするものを選びましょう。

TREKKING SHOES(トレッキングシューズ)

何度も履いて自分に合ったものを
TREKKING SHOES(トレッキングシューズ)商品イメージ

足の痛みや怪我、事故の防止のためにも自分の足にあったものを着用しましょう!防水透湿加工のあるものが便利です。

TREKKING SOCKS(トレッキングソックス)

快適な登山は足元から
TREKKING SOCKS(トレッキングソックス)商品イメージ

中厚手くらいのものが適しています。保温性、速乾性のあるものを選びましょう。靴擦れ防止や疲労軽減の効果があります。

RAINWEAR(レインウェア)

防水透湿素材のものが快適
RAINWEAR(レインウェア)商品イメージ

山に突然の雨はつきもの。防水透湿機能があるものだとより快適!

SHIRTS(シャツ+防寒着)

機能付き+お気に入りデザインを
SHIRTS(シャツ+防寒着)商品イメージ

体温調節のためにもチャックやボタン付きのコンパクトにしまえるものがオススメ。シャツは速乾性のあるものを選びましょう。

PANTS & SKIRT(パンツ・スカート)

ストレッチ&耐久撥水性のあるものを
PANTS & SKIRT(パンツ・スカート)商品イメージ

怪我を防ぐために、肌の露出をせず、動きやすいものを着用しましょう。丈の短いものはタイツを着用しましょう。

TIGHTS(タイツ)

疲労軽減、ひざへの衝撃緩和の効果アリ
TIGHTS(タイツ)商品イメージ

疲労軽減やひざへの衝撃を軽減しながら足の動きをスムーズにしてくれる効果があります。怪我や日焼けも防ぐことができます。

TREKKING POLE(トレッキングポール)

初心者にこそオススメのアイテム
TREKKING POLE(トレッキングポール)商品イメージ

両手に持つだけで下半身の負担を軽減させてくれます。登山も下山も楽に。

ZACKCOVER(ザックカバー)

大切な荷物を雨から守ってくれる
ZACKCOVER(ザックカバー)商品イメージ

カラフルなものを選んでオシャレを楽しみましょう♪ザックに内蔵されているものもあります。

TOWEL(タオル)

山には山のタオルがあります
TOWEL(タオル)商品イメージ

紫外線対策や防寒にも使えて便利です。スポーツタオルよりもかさばらない登山用がオススメです。

SPATS(スパッツ)

レインウエアとセットで
SPATS(スパッツ)商品イメージ

雨や雪、砂が靴に入るのを防ぎます。その他、泥などの汚れを避けることもできます。

日帰り登山の持ち物リスト
持ち物リストダウンロード

・・・・必ず必要
・・・・できれば用意したい
・・・・必要に応じて

品名 コメント 必要度


シャツ(長袖) 吸汗速乾素材のものを。コットンは汗冷えするのでNG。
パンツ 歩きやすく、ストレッチ性のある速乾素材のものを。
帽子 熱中症・紫外線対策に。頭をぶつけた時、保護効果もあります。
靴下 吸汗、速乾性がある中厚手のもの。出来れば予備も。
防寒着 ダウンやフリースなど軽い素材のもの。夏でも用意しましょう。
雨具、レインウェア 雨や風を防ぐ必須アイテム。透湿防水素材に優れたものを。
タオル、手ぬぐい 汗拭き用。首に巻けば虫よけ、日焼け防止にもなります。
手袋、ネックウォーマー 寒い時期の登山では用意しましょう。
行動用品 トレッキングシューズ 足首を保護し、ソールが厚い登山靴を選びましょう。
バックパック 20~30リットル程度の容量で体のサイズに合っているものがオススメ。
ライト、ヘッドライト 昼間の登山にも用意する。予備の電池も忘れずに。
水筒、飲料水 量は1~2リットルが目安。水は怪我の傷口洗浄にも使えます。
腕時計 防水のものを。
ザックカバー 突然の雨のために。バックパックの大きさに合ったものを。
スパッツ 雨水の靴内部への侵入を防ぎ、泥よけにも役立ちます。
トレッキングポール 足腰の負担を軽減し、歩行のバランスをとります。
サングラス 日差し、紫外線を防ぎます。ストラップがあると便利です。
ウエストポーチ カメラや行動食入れにあると便利です。
折りたたみ傘 雨の中での休憩や、自宅から登山口までの移動に使えます。
その他 行動食 歩きながら食べられるチョコやあめ。暑い時期には塩分も忘れずに。
救急用品、常備薬 絆創膏、消毒薬、虫よけ、爪切り、とげ抜き、常備薬など。
健康保険証 万が一のために。
日焼け止めクリーム UVリップクリームもオススメ。
地図、コンパス 道に迷わないように用意しましょう。
ゴミ袋 ごみは持ちかえりましょう。濡れた衣類の持ち帰りにも。
トイレットペーパーorティッシュ ティッシュは水溶性のものを。
ビニールシート 休憩をするときに必要です。小さめのもので十分です。
ストーブ、コッヘル、カトラリー 山頂での暖かいコーヒー、食事づくりに。
カメラ 思い出づくりに山の記録を残しましょう。
ライター、マッチ 緊急時に必要になることもあります。
多機能ナイフ 一つあると何かと役立ちます。
ホイッスル 滑落や遭難した際、居場所を知らせるために使います。
携帯灰皿 喫煙者は必需品です。マナーを大切に。
携帯電話 緊急時の連絡手段として使える山もあります。

オススメお買い得&ピックアップアイテム